さっぽろハーベストランド農園見学会


  [さっぽろハーベストランド」に取り組んでいる、恵庭市の農園を見学した。恵庭市は水稲を中心とした農業を
 築き上げてきたが、近年は「収益性の高い都市近郊農業」を目指している。

*さっぽろハーベストランドとは*

  石狩地区のJAグループ(JAさっぽろ・JA道央・JAいしかり・JA北いしかり・JA新しのつ・JA北海道中央会
 札幌支所・ホクレン札幌支所)が生産者と安全・安心の確保に取り組んでいるさっぽろ圏産農畜産物のことである。
 「さっぽろハーベストランド」の地産地消を通して、フードマイレージ(食料の輸送距離=食料の輸送量と輸送距
 離を定量的に把握することを目的とした指標)の削減や地域の消費者・商工業者との連携に取り組むことで、新し
 い農村と都市の共生(農都共生)を目指している。


*ピーマンの収穫体験とYes!clean認証*
  私たちの身近な野菜のひとつ、ピーマンの収穫体験を行った。ビニー
 ルハウスの中には大きく育ったピーマンがたわわに実り、ピーマンの苦
 み交じりの香りが漂っていた。採りたてのピーマンをその場でガブリッ
 とかぶりつく人も見られた。
  Yes!cleanマークは、余計な肥料や農薬は使わない安全・安心な作
 物につけることができる。これまで、生産者は消費者の声を聞く機会が
 少ないと感じていた。
  このような認証制度や生産者の写真つきラベルを取り入れることで生
 産者と消費者の距離を縮めることに役立っている。


*キャベツ畑見学*
  機械を用いたキャベツの苗植え作業を見学した。
  約100メートルある畑の端から端へと、苗をつんだ機械がゆっくり
 と進んでいく。苗を植えながら自動的に進んでいく機械の横を人は見守
 るように歩いてゆく光景は、今ではありふれたものなのかもしれない。
  また、植える時期をずらすことによって、数回に分けて収穫できるよ
 うに調整している。

  農家は経営者でもあるため、農作業以外にも大変なことはたくさんあ
 る。
  子どもたちへの指導の際に、給食を作ってくれた調理員さんや命をく
 れる食べ物に感謝しようと呼びかける機会は多いが、生産者がどのよう
 な苦労をし、また、どのような願いや思いをこめて食べ物を作ってくれ
 ているのかもしっかり伝えていかなければと感じた。