札幌市農業交流事業技術交流会


  児童生徒への日常的な指導や教材などに活用するため、札幌市中央卸売市場、サッポロさとらんど、札幌市農
 業支援センターの3ヶ所を訪れた。札幌市内で栽培されている農作物や地域で取り組む地産地消活動、農業者グ
 ループが実施している食育活動について研修を行った。

*毎日5億7千万円*
  札幌市中央卸売市場では約3000人の方々が働いており、産地から届く大量の生鮮食料品を流通させている。
 「中央」とつく卸売市場は国の許可が必要で、きびしい基準が設けられている。現在、北海道には1つしかない。
 私たちが見学したときは、せりが終わったあとで、農作物や水産物はほと
んど置いていなかった。市場にあるものはすべて値段がつき、1日に5億7
千万円ほどの取引があるそうだ。青果のせりと水産のせりは同じように思え
るが、実は違う方法で行われている。

 青果は「上(あ)げぜり」といい、オークション形式で価格がどんどん上
がっていく。一方、水産は「一声(ひとこえ)ぜり」といい、せり参加者が
希望価格を札に書き、せり人のかけ声で一斉に見せ、一番高く価格をつけた
人がせり落とせる。早くて効率の良い方法だ。売買参加者や仲卸業者によっ
てせり落とされた品物は、売買参加者から消費者へ、また仲卸業者から買出
人を経て消費者へと流通されている。

*新鮮野菜料理はとってもおいしい!*
  サッポロさとらんどでは、A・Cネットワークグループ(札幌市内の女性農業者グループ)の方々から玉ねぎ・
 小松菜・ブロッコリー・かぼちゃ・きゅうり・大根のレシピを教わった。野菜の特徴などを聞きながら、「ブロ
 ッコリーと鮭のマヨネーズ焼き」などの調理実習をし試食を行った。どれも、食材の味を生かす生産者ならでは
 のレシピになっており、大変参考になった。

*安全・安心な農作物を・・・*
 札幌市農業支援センターでは、安全・安心な農作物の供給を目的として、
地産地消を基本とした取組や市民を対象とした農業講座などを行ってい
る。
 ほ場では、調理実習でも扱ったたまねぎの札幌黄が栽培されていた。札
幌黄は、天候に左右されやすいうえに病気に弱く、形が不ぞろいであるた
め、収穫の割合が悪い。また、選抜した母球から自家採取した種を植える
ため、非常に手間がかかるので、生産者の数が少なくなっているというこ
とだ。
 他にも、学校給食で出た調理くずや食べ残しを肥料にした「フードリサ
イクル堆肥」を使った栽培試験を行っており、たまねぎ・レタス・チンゲ
ン菜が栽培されていた。