〜酪農教育ファームで学ぶ「酪農」「食」「いのち」〜

*酪農教育ファームとは*
    牧場を子どもの学びの場として開放し、酪農体験を通して「食といのちの学び」を支援する活動が酪農
  教育ファームです。体験するための安全確保・衛生管理・活動環境を、規定に基づき整備している認定牧
  場が北海道には50以上あります。牛や自然と直接触れ合うことで実感を伴い、食育や命の学習にとって
  効果的な学びの場として期待されています。
 *なぜ、酪農教育?*  
 牛乳を作っているのは「牛さん」です。お母さん牛が赤ちゃん牛
に与えるために一生懸命作ったお乳を、私たちは分けてもらってい
るのです。毎日飲んでいる牛乳は、工場で生産しているのではなく、
生きている牛が作ってくれたもの。牧場では、生きている牛のあた
たかさや、まなざしを感じることができます。
 今回、札幌近郊の牧場で牛にふれ、酪農を通して「食」と「命」
について実感してきました。
 
*牛ってあったかい!*
   牛に触りました!体は締まっており、思っていたより毛並みがなめらか
  でした。撫でると眼がとろんとして、気持ちがよさそうです。
   これから搾乳をします。牛の体温は38.5〜39.5℃で人の体温よ
  り高いのです。しぼりたての牛乳も同じ温度、あたたかいのです。生きて
  いる牛が作っているからですね。 
      お乳は、乳房に集まった血液
 から作られます。大きな乳房は、
 お乳がたっぷり詰まっているか
 らですね。
 
*ストレスの少ない育て方*

  この牧場では、牛を牛舎に繋がず
 に育てています。牛たちものんびり
 気持ちがよさそうです。

  右が、牛のえさです。牧草、とう
 もろこしに札幌近郊の食品工場から
 でるおから、しょうゆの搾りかすな
 どを混ぜ合わせたものです。
  人間は、同じものを食べていると
 飽きますが、牛は同じものを好むそ
 うです。いつもおいしく食べてくれ
 るように牛の栄養士がいて、
いつも
 同じ味になるようにブレンドしてい
 るそうです。
 
 
*バターづくりに挑戦*
  バターづくりにも挑戦しました。ペットボトルに入った牛乳を一生懸命振り
 ます。10分くらい頑張るとバターが出来ました。出来立てのバターは、とろ
 りとなめらかな味でおいしくいただきました。また、バターを取った後の脱脂
 乳もあまくておいしかったのが、意外でした。
  200gのバターをつくるには、約5リットルの牛乳が必要です。それに加
 え、バターを取った後には必ず脱脂乳も出来ますが、脱脂乳の使い道が少ない
 こともバター不足を引き起こしている原因の一つだそうです。牧場で飲んだ出
 来立ての脱脂乳は甘くておいしかっただけに、おいしい利用方法が見つかるこ
 とを願いました。
   
 *出来立ての牛乳の味は…*  
      脱脂乳の後に牛乳を飲みました。サラッとして程よいコクと甘みが口の
 中に広がります。保護者の方からいただいた質問を思い出しました。
  「子どもが、学校の牛乳がおいしいというので、まったく同じものを買
 ってきて家で飲ませているのですが、何か違う、学校のほうがおいしい!
 というのです。何が違うのでしょう?」
  牧場の方は、「学校給食の牛乳は、出来立てのものが直接届きます。お
 店に売っている牛乳と流通の仕組みが違います。牛乳は生鮮食品です。学
 校の牛乳がおいしいのはそこに理由があるのだと思います。」とおっしゃ
 っていました。
  牧場で飲んだ牛乳のおいしさに、やっぱり新鮮な牛乳がおいしいことを
 納得しました。
  おいしい牛乳は、たくさんの人たちの情熱と努力から作られていること
 に気づいた酪農教育ファーム見学でした。