製粉工場見学

*江別市内の製粉工場見学*

  今回は、江別市内の製粉工場を見学した。戦後の復興の中、アメリカから送られた小麦を粉にする仕事が全国
 各地で始まった。
  北海道では、水田の裏作として栽培されていた小麦。1700年代に道東で作られた記録が残っている。現在、
 江別市は、北海道有数の小麦産地としてその名が全国に広まりつつある。

*今、求められている小麦粉とは*

 小麦粉は、含有するグルテン(たんぱく質)の量、質によって強力・中
力・薄力とに分けられるのはご存知のとおり。
 国内で需要が多い小麦粉は、パンや中華めん作りに適した強力粉だが、
北海道で生産されている小麦粉の90%以上が、うどん作りなどに適した
薄力粉である。
 日本国内で収穫される小麦の過半数を、北海道産が占めているという現
実の中で、消費者に求められているパン・中華めん作りに適した小麦粉を
生産できないものだろうか‥そんな思いから、江別市内の製粉会社と生産
者、関係諸機関の試行錯誤が始まったのだ。
            
*幻のブランドは春まき*
  従来、小麦は秋に種まきが行われてきた。雪の中でじわじわと発芽させ
 8月初旬に収穫する。(かまくら効果…といって、雪の中は氷点下にはな
 らないのだ。)北海道の主力ブランドである「ホクシン」・「ホロシリ」
 などがそうである。この方法に比べ、春まきの品種は種まきが4月後半、
 収量が8月中旬であり、短い生育期間ゆえに天候不良などによって品質や
 収量の変動が大きく、生産者側には敬遠されがちだった。その春まきで育
 てられているのが日本一有名なブランド小麦である「ハルユタカ」、そし
 てハルユタカの後継品種である「春よ恋」である。この春まき小麦2種は、
 たんぱく質含有量が多いだけではなく、さらにアミロペクチン(でんぷん
 の主成分)が従来の品種よりも多いため、パンに焼き上げるとモチモチと
 して美味しいということがわかってきた。

  これからは、店頭でレストランで、色々な製品に姿を変えた北海道産の
 小麦たちに出会える日が増えてくるだろう。きっと!


 

↑秋まき小麦 『ホクシン』

↑春まき小麦『ハルユタカ』
*実際に焼いてみた*
  さとらんど内の調理室に移動し、講師の方の指導のもと、パン作りに挑戦した。使用した小麦粉は、もちろん
 北海道産のハルユタカブレンド粉(配合割合は、企業秘密!)。焼きあがったパンは、モチモチとした食感があ
 り、香ばしくてとても美味しかった。