小松菜

  東区丘珠の小松菜畑(ビニールハウス)。
 小松菜は種まきから約3日で発芽し、25日
 〜40日で収穫が可能である。2月から10
 月初めまで栽培し、年7回もとることができ
 る。
  同じハウス内でローテーションを考えて種
 をまいて育てているので、ハウスごとに様々
 な大きさの小松菜が育っていた。



  小松菜は、札幌が全道で一番多く栽培され、
 作付け面積も全道の約半分を占めている。東
 区の丘珠、西区の小別沢、南区の藤野が主な
 産地だ。ほとんどがビニールハウス栽培だが、
 藤野に一部露地栽培がある。味はやはり露地
 栽培が良いらしい。
  ハウスでは防虫ネットを設置し、粘着式の
 虫取りを使用するなどして、農薬散布の回数
 を軽減させている。

   
  袋詰め作業を見せてもらった。大きさをそ
 ろえながら200gずつ小袋に入れていく。
 小松菜は夏になると生育期間が短く、茎ばか
 り伸びるため、収穫量が落ちてしまう。春・
 秋は200gの袋に5〜6株だが、夏は10
 株以上入れなければならないそうだ。小松菜
 にとって、夏は鬼門のようだ。