レタス

  北区篠路町のレタス畑。広々とした大地に延
 びる青いレタスの行列は、見ごたえ十分。
  レタスは、種から苗を育てて25日、畑に植
 えかえてから45日くらいで収穫できる。春か
 ら始まり、遅い時期で11月くらいまで、2〜3
 回収穫が可能だ。

   
  札幌産レタスは、北区篠路地区を中心に栽培さ
 れ、道内でも三本の指に入る作付面積を誇ってい
 る。札幌から全道各地に出荷されるほどのブラン
 ド野菜である。
  また、「札幌市学校給食フードリサイクル」の
 取組で作った堆肥(たいひ)を使用した畑でレタ
 スを作っており、一層おいしいレタスがとられて
 いるようだ。
   
  ただ、この堆肥は肥料分(窒素)が多いため、
 効きすぎるとレタスが大きくならないとのこと。
 この堆肥を使い始めてから日が浅いため、いろ
 いろと研究している途中で、農家の方が堆肥の
 成分データをもとに、自分の畑の状態を考えて、
 使う量や入れる時期を決めなければならない。
 土のことを知り尽くしていないとできないプロ
 の作業といえる。

  取材した年の天気はレタス泣かせだった。6月
 は気温が高くて雨が少なく干ばつ状態。7月は思
 うように気温が上がらず、8月の大雨・猛暑・・
 ・。せっかくの旬の時期に品薄が続いていた。そ
 れでも畑のレタスはみずみずしくて、本当におい
 しそうだ。これからも、とれたてでおいしい野菜
 が、私たちの口に入ることを期待している。