給食の食材

 学校給食で使用する食材は、さまざまな観点
を考慮して選んでいます。

 1.自然の味を大切に

 2.安くて良質、安全な食材

 3.道産品を取り入れて

 4.食品の開発

1. 自然の味を大切に 

 スープやだしは、豚骨や鶏がら、昆布や削り節、煮干しなどでとっています。カレーのルウは小麦粉と油で、シチューのルウは小麦粉と油とバターで手作りしています。 

2. 安全な食材 

 道内産の特別栽培(減農薬栽培など)の野菜を取り入れています。

 平成30年度の使用期間(予定)

 じゃがいも    4月 6日〜 5月11日(洞爺湖町)
          8月27日〜10月19日(洞爺湖町)
         10月22日〜12月25日(富良野町)
          1月15日〜 2月 1日(羊蹄山麓)
          2月 4日〜 3月 1日(常呂町近辺)
          3月 4日〜 3月25日(洞爺湖町)
 玉ねぎ      4月 6日〜 6月29日(富良野市)
          8月20日〜 9月28日(富良野市)
         10月 1日〜11月 2日(札幌市)
         11月 5日〜11月22日(札幌市)『札幌黄』 
         12月 3日〜 3月25日(富良野市)
 にんじん     7月 2日〜 7月25日(七飯町) 
          8月20日〜 9月14日(富良野市) 
          9月18日〜10月12日(羊蹄山麓)
         10月16日〜11月16日(洞爺湖町)
 長ねぎ      8月27日〜11月 2日(南幌町)
 きゅうり     6月26日〜 9月14日(砂川・奈井江地区)
 だいこん     5月28日〜 6月15日(七飯町)
          6月18日〜 7月25日(恵庭市)
          8月20日〜10月 5日(洞爺湖町)
 ピーマン     6月25日〜10月 5日(新冠町)
 キャベツ     7月17日〜 9月14日(南幌町)
          9月18日〜10月12日(伊達市)
         10月22日〜12月25日(洞爺湖町)
 白 菜      7月 2日〜10月12日(江別市)
 にんにく     8月20日〜 3月25日(十勝清水町)
 かぼちゃ     9月 3日〜 9月21日(恵庭市)
          9月25日〜10月12日(当別町)
 小松菜      6月 4日〜 7月25日(札幌市)
 ブロッコリー   7月 9日〜10月19日(洞爺湖町) 
 に ら      4月 6日〜 9月28日(知内町)
          1月21日〜 3月25日(知内町)
 ミニトマト    8月20月〜 9月14日(当麻町)
 グリーンアスパラ 5月28日〜 6月 8日(美瑛町)
 プルーン    10月 1日〜10月12日(仁木町など)
<<フードリサイクルによる堆肥を使用した野菜>>
 レタス      7月 2日〜 7月25日(札幌北区)
          9月 3日〜 9月21日(札幌北区)
 玉ねぎ     11月26日〜11月30日(札幌市北区)『さつおう』
 とうもろこし   8月27日〜 9月28日(札幌市)

さっぽろとれたてっこ

 さっぽろとれたてっこの野菜はとっても新鮮。元気な
野菜は子どもたちの体を元気にしてくれます。
 昔から4里(16km)四方で作ったものを食べるの
が健康によいといわれています。まさに身土不二(しん
どふじ)。人の生命と健康はその土が育てる食べ物によ
って支えられています。
 札幌のさわやかな空気と大地の恵みをうけて育った野菜は、今年も子どもたちのおいしい笑顔を見せ
てくれる一番の立役者です。

※ 身土不二(しんどふじ)・・・身は『からだ』土は『環境』不二は『二つに分けることができない』
  という意味です。その土地でとれたものを『旬』にいただくこと、それが心と身体の健康に一番よい
  ということです。

  玉ねぎチンゲン菜レタス

3. 道産品を取り入れて 

  

 米・大豆・小麦粉など、道産品を取り入れています。

 このほか、冷凍素材としての枝豆や鮭、さんま、てんさい糖なども道内産のものを使用しています。

4. 食品の開発 

  

 良質な材料を使って、添加物なしを目標に栄養士が話し合
い、メーカーの協力のもとにおいしい食品を開発しています。

 ハンバーグ・シュウマイ・コロッケなどは、保存料・甘味料・着色料を含んでいません。