札幌市の学校給食

 昭和26年2月からは、完全給食(パン・牛乳・おかず)となり、平成5年からは、市内全ての小・中学校で給
食が実施されています。
 はじめは、児童の体位向上のため栄養をとることが一番大切でした。現在は、「教育の一環」として位置付けら
れています。飽食の時代の中で、何をどのように食べていくと生涯を通じて健康に過ごせるのか、自ら考え実践す
る力が育つことを重要としています。
 また、みんなが一緒に同じ食事をすることによって、偏食をなおし、食事のマナーを学び、豊かな社交性を身につけるように指導しています。

<<給食費は何に使っているの?>>

   給食費は、すべて食材料を購入するために使われています。
   施設設備・光熱費・人件費等は、札幌市が負担しています。

小学校一食あたり 中学校一食あたり
約260円 約300円

 ※ 食材料のほとんどは、公益財団法人札幌市学校給食会・公益財団法人北海道学校給食会を
  通して共同購入しています。
 ※ 地場産物や特別栽培(減農薬栽培等)の玉ねぎ・じゃがいも・にんじん・りんご・大根・
  小松菜なども取り入れています。